【プロキオンS】9歳馬ウェスタールンドが能力値1位 長期休養明けでも、世代交代の波を弾き返せるか(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

本来プロキオンSはJRAで年間2レースしか行われない、短距離ダート重賞の1つ。夏場に行われる唯一のJRA短距離ダート重賞だが、今年は小倉ダ1700mで行われる。それに伴い、出走馬の傾向は例年と異なり、前走使用距離も1400~2100mと、幅広いメンバーが集った。

【七夕賞 2021予想】福島は今週も大波乱!? 夏の風物詩・七夕賞で買いたい穴馬は?(SPAIA編)

日本は短距離よりも中距離路線の方に高額賞金が用意されているため、基本的に距離が長いレースを使われている馬の方が実力があることが多いが、今年もまさにそれ。能力値1位が中距離路線のウェスタールンドとなる。

同馬はダートに路線転向してから一気に本格化し、2018年のチャンピンズC2着の実績を持つ。重賞初制覇を果たしたのは、昨年4月のアンタレスSであるが、チャンピンズC以降もトップクラスの馬たちを相手に安定した走りを見せ、好成績を収めている。他の出走メンバーは距離に不安があったり、好走するための展開に制約がついたりする馬が多いだけに、この安定感は光るものがある。

また、ウェスタールンドは近5走の指数を見ても、全て赤文字の指数。ここでは実力が抜けた存在だ。ただ、今回は長期休養明け。9歳馬でもあるが、同馬がこれまでのように、強烈な末脚を引き出せれば、ここでは好走必至。自分との戦いになるだろう。逆にウェスタールンドが自分との戦いに敗れれば波乱、大波乱までありそうだ。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。