【ラグビー】近大・福山主将が「打倒天理」への思いを語る。関西のダークホースとなれるか。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

天理を本気で倒してみないか。

 近大の福山竜斗主将が同期にそう問いかけた。
 大学1年生の時だ。

 福山主将が初めて天理大と対戦したのは、1年時、秋の関西リーグ。SOで先発したが、チームは0-50と大差で敗れた。力の差を痛感したという。
「同じ大学なのにここまで差があるのかと。1年生の時から体づくり、チーム作りをやっていかないと、3年後には追いついてないと思った」

 そこで冒頭の言葉を同期にかけた。みんなが賛同して、意識を高く持ってくれる選手が増えたという。2年、3年とスコアは縮まらなかったが、力がついている実感はあった。そして今季、5月30日に行われた関西大学春季トーナメント2回戦で天理大を初めて追い詰めた。

 22-27。
 前半を5-20で折り返すも、後半に3連続トライで逆転に成功。後半30分に逆転を許し、勝利こそお預けとなったが手ごたえを掴んだ。

「今年は自信を持って天理を倒せると思えています」

 4年生には実力者も多く揃う。1年時から先発出場を多く経験するCTB福山主将、PR紙森陽太、FB中洲晴陽に加え、U20日本代表のPR辻村翔平、LO山本秀、そしてSH松山将輝、SO河井優、WTB宮宗翔らがいる。
 中島茂総監督も「FWが例年よりも重くなって平均体重100キロを越える。BKは経験豊富。今年の近大はFWで切り崩してBKで仕留めたい」と自信をのぞかせた。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。