ペップ到着が転機となったデ・ブライネ、マンC長期残留を示唆「完璧な環境」(GOAL)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネは、チームを離れることは全く考えていないようだ。『スカイスポーツ』が報じた。

デ・ブライネは2015年、ヴォルフスブルクからマンチェスター・シティへと加入。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でゴールとアシストを量産し、プレミアリーグ最高の選手へと成長しつつある。デ・ブライネ自身もペップが来てから、さらに楽しめていると認める。

「彼が来てから、僕の好きなスタイルでプレーするようになった。そうなれば選手にとっては簡単だね。ここが好きだし、信頼されていて完璧な環境だ」

「歳の取ったチームだったが、移籍で若い選手が入ってきて、今将来を作り上げようとしている。プロジェクトが好きだし、ここで本当に幸せだ。長くいることになると思うね」

コメントを残す