「関東馬の復権」「G1のルメール・川田・福永理論」 2021年上半期のG1をデータで振り返る(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

サマーグランプリ・宝塚記念をクロノジェネシスが連覇し、2021年の上半期G1は幕を閉じた。

【CBC賞 2021予想】3歳馬全滅、それでもピクシーナイトに味方するデータとは?(SPAIA編)

ここ数年の競馬界を引っ張ってきた女王アーモンドアイが引退したが、白毛馬ソダシの活躍、若武者・横山武史とエフフォーリアのコンビがクラシックを盛り上げ、古馬勢も牝馬を中心に高い能力を誇示するレースぶりが際立った。

今週のコラムでは、今年ここまで行われたJRAのG1・13レース、地方Jpn1の川崎記念・かしわ記念・帝王賞をデータとともに振り返る。まずはJRA・G1の全体成績を確認しよう。

<2021年上半期のJRA・G1 主なデータ>
1番人気【4-5-2-2】勝率30.8%/連対率69.2%/複勝率84.6%
中3週以内【1-4-4-64】勝率1.4%/連対率6.8%/複勝率12.3%
関東馬【6-6-4-53】勝率8.7%/連対率17.4%/複勝率23.2%

まず挙げられるのは1番人気馬の好走。エフフォーリアのダービーやグランアレグリアの安田記念など、断然人気馬が負けるケースは多かったものの、4着以下に敗れたのはダノンザキッドの皐月賞とソダシのオークスのみ。複勝率8割超えは十分評価できる数字だ。昨年からG1の人気馬は着実に結果を残しており、秋以降も傾向を覚えておきたいところ。

一方、詰まったローテーションでレースに臨んだ馬が厳しい戦いを強いられていた。中3週以下で勝った馬はユーバーレーベンのみで、フェブラリーSのアルクトス(2番人気9着)や皐月賞のアドマイヤハダル(3番人気4着)・ヴィクティファルス(4番人気9着)などが凡走。前哨戦の重要性が年々低下しており「G1からG1へ」のゆとりある使い方が主流となっていることを裏付ける。

関東馬の大活躍も見逃せない。上半期だけで6勝を挙げたが、これは2017年以来となる快挙だった。特に東京開催での5週連続G1ではダービー(最先着はエフフォーリア2着)を除く4レースを制覇。お膝元で関西馬に意地を見せつけた恰好だ。「西高東低」が叫ばれて久しいが、実力差が埋まりつつあることのひとつの証左だろう。

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。