ロリス、筋肉の故障で2週間程度の離脱…アーセナルとのダービー戦出場は微妙に(GOAL)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

トッテナムに所属するフランス代表GKウーゴ・ロリスが、筋肉のトラブルにより15日程度の離脱を余儀なくされることが分かった。

ロリスは1日に行われたチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦に出場。レアルの強力な攻撃陣を抑え、3-1の勝利に貢献したフランス代表GKだが、セルヒオ・ラモスと衝突した際に負傷したようだ。2日の検査で筋損傷が見つかった同選手をフランス代表のメンバーから外すとディディエ・デシャン監督が発表した。

デシャン監督は会見で「ウーゴは昨日負傷したようだ。今朝検査をしたが、内転筋の損傷が見つかった。我々はスティーヴ・マンダンダを起用することになるだろう」とロリスが負傷したことを公表している。

コメントを残す