バスケ男子日本代表、対イラン強化試合で見えてきた世界レベルの自分たち(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

男子イラン代表を迎え宮城県・岩手県で行われた『バスケットボール男子日本代表国際強化試合2021(宮城大会/岩手大会) International Basketball Games 2021 in MIYAGI / IWATE 東日本大震災 10 周年復興支援大会』は、6月27日の第3戦で日本がイランに対し76-50で快勝を収め、幕を閉じた。FIBA世界ランキングでは格上のイラン(23位)に対し、日本(同42位)は2勝1敗と勝ち越し。さらに上位のチームを相手に戦おうという今、大いに勇気づけられる内容だったのではないだろうか。
 両チームのプレーで引き締まった展開となった今大会は、男子日本代表にとっては東京オリンピックに向けたメンバー選考終盤における重要なステップ。登録された15人のプレーヤーも、それぞれが高いレベルのパフォーマンスを披露していた。

<PHOTO>BリーグMVPの金丸晃輔は日本代表でもショットメーカーぶりをアピール

 第2戦で登録を外れた金丸晃輔(シーホース三河)、竹内譲次(アルバルク東京)、安藤誓哉(同)が田中大貴(アルバルク東京)、シェーファーアヴィ幸樹(シーホース三河)、比江島 慎(宇都宮ブレックス)に替わって出場した日本は、スターターに富樫勇樹とエドワーズ ギャビンの千葉ジェッツコンビ、竹内(譲)、そしてシューターの安藤周人(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)と金丸を起用した。ティップオフ後、最初のディフェンスではイランにインサイドを攻められキックアウトから良い形で3Pショットを放たれたが、外れたリバウンドをエドワーズががっちりつかむ。続くオフェンスでは、安藤とエドワーズがうまく連係してペイントに攻め込んだ。安藤からのパスを受けたエドワーズは、ファウルを誘いながら先制レイアップ。良い立ち上がりだった。
 何気ない最初のポゼッション。しかし、相手に少々インサイドを攻められても動じずこぼれ球をきちんと拾い、攻めてはガードとビッグマンが落ち着いた連係の中で得点機を作るというこの日の流れが集約された攻防だったように思う。前の試合では田中が「試合の入り方で、アグレッシブにやって来る相手に対し受けてしまった」と話していたが、この日は日本代表の方がアグレッシブな入り方をできた。

 結果的に、その後一度もリードされることなく、日本は40分間を戦い切る。ペイントでの得点は16-20と若干上回られたが、リバウンドは39-38で逆に日本がわずかに優位。ゴール近辺におけるこの奮闘は、セカンドチャンスでの得点で12-7、速攻からの得点でも15-8と日本にプラスとなる副産物ももたらした。
 3Pショットは、オフェンスのリズムを失い約6分間得点できなかった第3Qに1/9と確率が落ちたが、その他の3つのクォーターでは14/31で成功率45.2%。前述のようなきちんとペイントを攻略していくハーフコート・オフェンスから、オープンルックで効率良く決めることができた。

 悪い流れに飲まれた第3Qは反省材料で、フリオ・ラマスHCは「あの時間帯だけはイランにやりたいことをさせてしまいました」と話している。42-22と日本が20点リードして始まったこのクォーターは、残り4分11秒に張本天傑(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)のパスを受けたロシター ライアン(宇都宮ブレックス)がフリースローを得、2本決めるまで無得点。その間イランに10-0のランを許した。
 日本はベンチが動き、ベンドラメ礼生(サンロッカーズ渋谷)に替えて富樫を、ロシターに替えエドワーズを投入。イランは残り2分45秒にナビド・レザイファルの3Pショットが決まった時点で44-39と5点差まで詰め寄るが、直後の残り2分36秒に張本がお返しの3Pショットで悪い空気を吹き飛ばし、以降は流れを引き戻していくことができた。

「一試合を通して理想的な展開が常にできるとは思いません。3Pショットが確率良く決まるときも、ミスが増えてしまうときもあるものです。そうした時間帯には我々が反応しなければ」と話したラマスHC。この日は張本、富樫、エドワーズの投入が打開策となった。「できるだけ早く、その時間帯から抜け出せる策を講じたいものです。今日は何とか抜け出せました」
 悪い状態から抜け出す糸口となり、また第4Qにもさらにイランを突き放す3Pショットなどタイミング良く貢献した張本は、この試合でゲームハイとなる15得点。3Pショットは5本中4本の成功率80%で、これも成功数と成功率がともにゲームハイだった。
「合宿前のミーティングで、海外組の合流時点までに日本にいるメンバーでどれだけ戦えるかが鍵だから、成長の跡を見せるようにとラマスHCから求められていました」と張本は試合後の会見で話した。「FIBAワールドカップ2019からはガラリと変わって、激しいディフェンスから速いオフェンスの展開など、自分自身としては成長したなと思います」との言葉に、チームと張本自身に対する自信が感じられた。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。