【七夕賞】穴党注目の荒れる重賞、連覇はミヤビランベリただ1頭 七夕賞の歴史を振り返る(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

今週は福島伝統の一戦、七夕賞。今年で57回目を迎える本競走は、サマー2000シリーズの開幕戦でもあり、競馬ファンに夏競馬の本格化を感じさせる一戦だ。2008年~2014年の期間では2年に一度のペースで馬連が万馬券になるなど、ハイペースで高額配当が繰り出される「荒れる重賞」として知られ、多くの穴党ファンにとって注目のレースとなる。

【七夕賞 2021予想】福島は今週も大波乱!? 夏の風物詩・七夕賞で買いたい穴馬は?(SPAIA編)

ここを制した馬が秋冬や翌春に飛躍することも多く、2002年覇者イーグルカフェはジャパンカップダートを、1998年覇者オフサイドトラップは天皇賞(秋)を、1995年覇者フジヤマケンザンは香港国際カップを制した。近年でも、2019年覇者ミッキースワローが翌年の日経賞を勝利し、天皇賞(春)でも3着と好走した。

今年は昨年勝ち馬の7歳クレッシェンドラヴが参戦。さらに昨年3着のヴァンケドミンゴ、昨年の小倉記念覇者アールスター、ステイゴールド産駒の8歳馬マウントゴールドなど多彩な面々が集結。今年の七夕賞は波乱決着か、平穏決着か──。七夕賞の歴史を振り返る。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。