茨城がフィリピン人SGのハビエルゴメス・デ・リアノの新加入を発表(バスケットボールキング)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:バスケットボールキング

茨城ロボッツは5日、ハビエルゴメス・デ・リアノと2021-22シーズンの契約を結んだと発表した。

香川が頓宮裕人の獲得を発表…昨季滋賀で55試合に出場

 フィリピンで現在22歳の同選手は、195センチ89キロのシューティングガード。クラブによると「3ポイントシュートとドライブが得意で、SGからPFまでこなせるマルチプレーヤー」といい、フィリピン代表としてFIBAアジアカップ予選に出場した経験を持つ。先日アースフレンズ東京Zへの加入が発表されたホアンゴメス・デ・リアノは弟にあたるという。

 同選手は加入にあたり、クラブ公式HPで以下のとおりコメントしている。

「皆さん、こんにちは。ハビエルゴメス・デ・リアノです。日本のB1リーグの茨城ロボッツでプレーすることをアナウンスでき、うれしく思います。私の人生にこのような機会を与えてくれたリチャードコーチとロボッツの経営陣に感謝しています。同時に、素晴らしいコミュニティの皆さんにお会いし、皆さんのためにプレーするのが待ちきれません」

 なお、茨城はすでに西川貴之、多嶋朝飛、エリック・ジェイコブセン、谷口大智の新加入を発表している。

コメントは受け付けていません。