モンテッラは解任間近?「自分の葬式を見ているようだ」低迷に自虐的(GOAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

2日に行われたヨーロッパリーグの試合で、ミランは敵地でAEKアテネと激突した。しかし、決定力に欠いて試合はスコアレスでフルタイムを迎えている。

ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が皮肉を交えたジョークで、試合を振り返った。

「ここしばらく、自分の葬式を見ているようだ。クラブは私を信頼していると信じているが、最近は結果が伴っていないからね」

ミランはセリエAで8位と、優勝争いから遠ざかっており、10月からは公式戦で1勝3分け3敗と低迷している状況。一部報道によるとモンテッラには解任の可能性が浮上していると伝えられているが、モンテッラもその状況を把握し、自虐的なコメントを発している。

週末にミランはセリエA第12節でサッスオーロと対戦するが、この一戦については「私たちはハードワークを続ける必要があるし、みんなが力を出し切ってくれることを願っている。私たちは自分たちのゴールチャンスを創出だけでなく、ディフェンス面でも集中して不用意な取りこぼしを無くす必要がある」と続け、サッスオーロ戦での必勝を誓った。

コメントを残す