【巨人】ビエイラ進化中 外角低めに161キロで仁王立ち3人締め、21試合連続無失点(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人3―1中日(7日・東京ドーム)

 巨人・ビエイラの進化が止まらない。

 2点リードの9回から登板。先頭・木下拓を初球の159キロで一邪飛に打ち取った。続く代打・福田には追い込んでから外角低めの際どいコースに161キロの剛速球を投げ込み、惜しくもボールとなったが、最後は141キロ高速スライダーで空振り三振。井領は二ゴロに抑えて3人で締め、8セーブ目を挙げ、マウンド上で胸をたたいで絶叫した。

 ビエイラはこれで21試合連続無失点。投げるたびに安定感が増していき、守護神だったデラロサが故障から1軍復帰後も勝ち試合の9回を任されている。

【広告】


コメントは受け付けていません。