川崎F中村憲剛、相手キーマンに山口蛍を名指し…ルヴァン杯前夜祭で火花(GOAL)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

Jリーグは3日、翌日に控えたJリーグYBCルヴァンカップ決勝戦・セレッソ大阪対川崎フロンターレの前夜祭を開催した。式典では、中盤のゲームメイクを担う選手としてC大阪のMF山口蛍と川崎FのMF中村憲剛が指名され、質疑に応じた。

両チームともに、勝てば初優勝となる。その大一番を翌日に控えた心境を問われ、山口は「今はそこまで高ぶっていないですけど、明日、観客の皆さんが入ったスタジアムでいざプレーするとなると、気持ちは高ぶってくると思います」と冷静な口調ながら、「セレッソの歴史が変わるかもしれない試合なので、そこは僕だけでなく、みんなものすごく気持ちは入っていると思います」と闘志を燃やす。

一方の中村は「鬼木(達)さんが新監督になり、キャンプの時からタイトルを取るという目標に向かって、ここまでやってきました。それが明日届くところまで来たので、みんな本当にすごく気持ちも入っています」と語り、「僕自身も2回決勝に行って敗れてますけど、それは今のメンバーには関係のない話。本当にいいチームになっていると思うので、自信を持って臨めると思います。優勝をみんなで体験したい」と意気込んだ。

相手チームのキーパーソンは誰かという質問には、山口は「分からないですけど……え、ホンマに言うの?」と苦笑い。「サッカーは真ん中の選手が試合を左右すると思うので、そこがカギになるかと思います」とオブラートに包んで答えた。対する中村は、同じ質問に「山口蛍選手かな」と名指し。「試合中もマッチアップすると思うので、彼を出し抜いてセレッソのゴールに向かえたらと思います」と不敵な笑みを見せた。

コメントを残す