【POG】千葉サラブレッドセールで2番目の高額馬アスクワイルドモアが併せ馬で1馬身先着(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

7月11日の函館・芝1800メートルでデビューを予定しているアスクワイルドモア(牡2歳、栗東・藤原英昭厩舎、父キズナ)が非凡な走りで好仕上がりを見せている。

 7日の最終追い切りでは荻野琢真騎手(レースは武豊騎手)が騎乗してヴァラーメダル(2歳新馬)と併せ馬。馬なりのまま強めに追った相手に1馬身先着した。荻野琢騎手は「先週ビシッとやったおかげで、反応が出てきた。促すとハミをとるようになりました」と成長を口にした。

 伯父に青葉賞・G1を制し、日経賞・G2で2着などのペルーサを持つ。今年の千葉サラブレッドセールで2番目に高い6310万円で落札された馬。田中博司助手は「促さないといけないところや、前進気勢がまだないところは、1回使えば良くなる」と指摘したが、1週前より確実に前進している。初戦からも十分にやれそうな気配だ。

コメントは受け付けていません。