佐藤健、声優を務める「竜とそばかすの姫」は「スクリーンから感動光線を浴びてるみたいな映画体験」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

俳優の佐藤健が6日、都内で行われたアニメ映画「竜とそばかすの姫」(細田守監督、16日公開)の完成報告会見に出席し、主要キャストの一人で物語の鍵を握る竜役の声優を務めていることを発表した。

 女子高生がインターネットの仮想世界に歌姫として参加することで展開される青春ファンタジー。佐藤は「竜は複雑な心を持っていて、難しい役だった。どんな声か分からないから、自分が思う竜っぽい声でやってみました」。細田監督は「健くんは一言目から勘が良くて、何も言うことない。いきなり正解だなと思った」と絶賛した。

 完成した作品を見た佐藤は出来栄えについて「細田監督の真骨頂で新境地。素晴らしい。表現の仕方がすごく新しい。映像が美しくて、胸が震える。中盤から涙腺が震えた。スクリーンから直接、感動光線を浴びてるみたいな映画体験だった」。細田作品の大ファンで全作品をチェックしているという成田も「始まって数秒ですごい作品が始まったと思った。細田さん、すごい」と興奮気味に語った。

 「これほどインターネットの世界を肯定的に描く映画監督は恐らく僕だけ」と自負する細田監督は「インターネットの世界で『美女と野獣』をやったら、どうなるのか考えた」と物語を発想したきっかけを明かした。中村佳穂、成田凌、染谷将太、玉城ティナらも出席した。

【広告】


コメントは受け付けていません。