選手団主将の山県亮太、五輪はリレー金&100メートル決勝進出で「チームを引っ張れる活躍を」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

陸上男子100メートル日本記録保持者で、東京五輪日本選手団主将の山県亮太(セイコー)が6日、史上初のオンライン主体で行われた結団式と壮行会の後で取材に応じ、「主将という大役を任せて頂いて、非常に緊張する思いもあるけど、光栄なことなのでしっかり務め上げたい。選手としてはパフォーマンスをすることが第一なので、競技にも集中して頑張っていきたい」と思いを新たにした。

 山県は18年ジャカルタ・アジア大会でも選手団主将を全うした実績がある。今大会のオファーを受けた際は「3年前はいい経験になった。自分の内面にも色々変化がある3年だったと思う。自分で良いのかという思いはあったけど、お話を頂けたことはありがたいので、一生懸命プレーする姿とかを、前面に出していくことが意味のあることなんだろうと思ったので、お話を受けさせてもらった。プレーに集中する、自分の持っている力を出し切ることに意味があると思っていたので、主将の重役を受けることに迷いはなかった」と明かした。

 本大会では、100メートルで日本勢89年ぶりの決勝進出、そして400メートルリレーで史上初の金メダル。2つの大願へと歩んでいく。「感謝の気持ちを忘れず、本番では100メートルファイナル(決勝)と、リレーでの金メダルを目指して、主将としてチームを引っ張っていけるような活躍をしたい」と約束した。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。