【注目2歳馬】デビュー戦としては完璧なレース 鞍上の指示に“忠実な”フィデルが見せた凄さとは(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

小倉競馬場開設90周年という記念すべき日、芝1800mの新馬戦で楽しみな馬がデビュー勝ちを果たした。名前はフィデル(栗東・友道康夫厩舎)、フランス語で「忠実な」という意味の馬名だ。

【七夕賞 2021予想】福島は今週も大波乱!? 夏の風物詩・七夕賞で買いたい穴馬は?(SPAIA編)

父は先日種牡馬引退が発表されたハーツクライ、母はラッキートゥビーミー、半姉にはG1・ブリーダーズCジュヴェナイルフィリーズを制したシャンパンルームがいる良血馬。同馬自身もセレクトセールにて1億9,000万円で取引された。

出走メンバーは8頭と少頭数、単勝1.1倍と圧倒的な人気に支持された中、スタートを決めると楽に4番手へとポジションを取り、しっかりと折り合う。同じくセレクトセールで1億円を超える値段で取引されたダノンピーカブーがペースを握って5ハロンの通過は1:03.6。鞍上の川田将雅騎手は3角で自ら動いて先頭へと並びかけていった。

そこからのラスト3ハロンのレースラップを見ると11.8-11.0-11.5。楽にこの数字を叩き出せるということは、かなりの機動力があることを証明している。最終的な着差こそ1馬身だったものの、最後までノーステッキで軽く追われただけという着差以上の楽勝。

1:50.7の走破時計は当日の馬場状態を踏まえると平凡だったものの、中身は濃かった。期待している新馬には特に辛口のコメントが多い川田騎手。どのようなコメントが出るのか注目されたが、「全部上手くこなしてくれた」と課題は特に挙がらなかった。レースセンスの高さを武器に、クラシックを狙える逸材として完璧なデビュー戦だったと言えるだろう。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。