「とろサーモン」久保田かずのぶ、チバテレ30分番組枠自腹で買った 「貯金ほぼほぼ使った」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

お笑いコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶ(41)が5日、千葉テレビ(愛称・チバテレ)で6日からスタートする関東では初の冠番組「とろサーモン久保田、テレビ局の枠を買う」(火曜・深夜1時)の記者会見を都内で行った。

【イラストで詳しく】チバテレの番組表

 久保田個人が30分の枠を局から自腹で買い入れた番組で、自身がメインスポンサーとなる。出資額は「言ったら千葉テレビのお偉いさんに撃ち抜かれる」と明かさなかったが、「独り身なのでお金は関係ない。貯金はほぼほぼ使った」と捨て身の覚悟を明かした。

 昨年から練っていたという番組の構想は「久保田がやりたいことをやる」というもの。ネットではなく、あえて地方テレビ局を選んだ理由は「悪いことする時はキー局ではなく日陰でするもの。テレビの編集でカットされる、ホルマリン漬けになった芸人をテレビで解放したい」。企画にはアダルトなものも含まれ、放送コードギリギリを狙う。久保田は「テレビのコンプラ(イアンス)をぶっつぶす!」と力を込めた。

 相方の村田秀亮(41)がレギュラー出演。呼びたいゲストについては「かなえば松本人志さん」と即答した。出演NGのゲストも決まっている。2018年の「M―1グランプリ」終了後、審査員を務めた上沼恵美子(66)を久保田と共に批判して炎上したスーパーマラドーナの武智(42)。久保田は「今後100年は絶対に呼ばない」と宣言した。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。