都民ファースト木下富美子氏、都議選当選も翌日除名処分…免停中の事故が発覚「勘違いしていた」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

4日投開票の東京都議選で板橋区選挙区で当選した地域政党「都民ファーストの会」に所属する東京都議の木下富美子氏(54)が、都議選の選挙期間中だった2日に車で人身事故を起こしていたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。免許停止期間中で、警視庁が自動車運転処罰法違反(過失傷害)や道交法違反(無免許運転)の疑いで捜査しているが、党は除名処分にした。

【イラストで詳しく】たった6票差で勝敗が決まる…目黒区の開票結果

 当選からわずか1日で、都民ファ議員が無免許事故で除名処分となった。

 捜査関係者によると、2日午前7時半ごろ、板橋区の都営三田線・高島平駅前の片側3車線の交差点で、木下氏の車がバックした際、停車中の乗用車にぶつかり、運転席の50代男性と同乗の女性に軽いけがを負わせた。

 取材に応じた木下氏は「事故を起こしたのは事実。2月頃に免許停止になったが、事故当日は停止期間が終わったと勘違いをしていた」と釈明し、「公人でありながら本当に申し訳ない」と謝罪した。

 都民ファーストの会は5日付で、木下氏の除名処分を決定。「本人から事情を聴取した。無免許状態での運転は明確な法律違反であり、公人としてあるまじき行為。事故発生から数日たって初めて報告され、党として看過できない」とのコメントを発表した。また、都議選で練馬区から再選された同党の尾島紘平都議(32)はツイッターで除名を明らかにし「党への報告も本日、報道が出てからだったようです」などと書き込んだ。

 木下氏は、2017年の都議選で板橋区から出馬し初当選。今回の都議選では定数5の同選挙区で3位で再選した。この日、事故が発覚する前の午前9時54分には、自身のツイッターで「板橋区役所前駅で、当選報告を致しました。沢山(たくさん)の方々に、『おめでとうございます』とお声がけ頂きました。ご期待に添えるよう、しっかり仕事をして参ります」と決意を表明していた。

 木下氏は、党の東京都議団副政調会長も務めており、3日には党の“生みの親”で、特別顧問を務める東京都の小池百合子知事(68)も選挙事務所に激励に訪れていた。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。