【注目2歳馬】非凡な瞬発力を見せつけたアライバル 今後活躍が期待できる適条件は?(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

先週末は新馬戦7レースが行われ、ロードカナロア産駒が2勝、そして新種牡馬ドレフォンやGun Runnerといった多彩な顔ぶれの産駒が勝利を飾った。そうした中でも、今回ピックアップしたいのは6月19日(土)の東京5Rに行われた芝1600m戦。東京競馬場の3階スタンドにいても風とともに雨が降り込んでくる天候、稍重でデビュー戦を迎えた。

【宝塚記念 2021予想】クロノジェネシス、レイパパレにも死角あり!春のグランプリ的中へのデータとは?(SPAIA編)

マイラプソディの半妹マイシンフォニーや母マルセリーナの良血馬フェニックスループなど、粒ぞろいのメンバーが揃った一戦だったが、レースを制したのは1番人気に推されたアライバル(美浦・栗田徹厩舎)。父はハービンジャー、母は桜花賞2着、オークス3着とクラシックホースにあと一歩のところまで迫ったクルミナルという血統だ。

スタート後、先行したい馬を行かせながら徐々に位置を押し上げ、前後左右に馬を置いて5番手を追走する。レースラップは前半1000mが1:02.7(12.7-11.6-12.7-13.0-12.7)とスローペースだったのに対し、ラスト600mが34.1(11.4-11.3-11.4)と新馬戦らしい瞬発力勝負となった。

アライバルは直線で外に持ち出されるとエンジン全開。レース上がりを0.4秒上回る33.7を使って、早め先頭に立ったプルパレイをあっさりと交わし去り、2.1/2馬身差をつけての完勝。1頭だけ能力が違った。

撮影した写真を見返すと改めて感じる格好いいフォーム、そしてバネのような素晴らしい瞬発力。ハービンジャー産駒ということもあり、稍重という馬場が合っていたのかもしれないが、道中しっかりとタメが効いていた走りからも広いコースの1600m~2000m前後に適性が高いように感じた。上手く瞬発力勝負に持ち込めば、すぐに重賞タイトルには手が届くだろう。

【広告】


コメントは受け付けていません。