【宝塚記念】AIの本命は5歳牝馬カレンブーケドール 同期クロノジェネシスより強調できるデータとは?(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

6月27日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念(G1・芝2200m)。連覇を狙うクロノジェネシス、ここまで6戦無敗のレイパパレに注目が集まっている一戦をAI予想エンジンKAIBAはどう予想したのだろうか。

【宝塚記念 2021予想】クロノジェネシス、レイパパレにも死角あり!春のグランプリ的中へのデータとは?(SPAIA編)

本命はカレンブーケドール。過去10年で5歳の牝馬は2016年マリアライトと2019年リスグラシューが勝利、それ以外にも2014年のヴィルシーナや2015年のデニムアンドルビーなど2、3着に人気薄が好走する例も見られ、単複の回収率はともに200%超え。

このデータだけならクロノジェネシスにも該当するが、クロノジェネシスは鞍上が乗り替わり。カレンブーケドールは「騎手が継続騎乗の牝馬」の複勝率46.2%、単回収率224%、複回収率143%というデータに該当する。また、牝馬が56キロを背負う宝塚記念は前走でも斤量を背負っていた馬がよく、前走55.5キロ以上の牝馬【2-1-0-1】という後押しがある。

ここまでG1で2着3回、3着1回と惜しいレースが続いているが、今回こそ重賞・G1初勝利の期待が高まる。

AI予想エンジンKAIBA
◎カレンブーケドール
◯アリストテレス
▲レイパパレ
△クロノジェネシス
×モズベッロ

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。