【バレー】サマーリーグ女子東部大会 PFUが4年ぶりに優勝(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

6 月25 日(金)~27 日(日)まで、黒部市総合体育センター(富山県黒部市)にて開催された「2021 V・サマーリー グ女子 東部大会」。大会は1日目と2日目に予選グループ戦が行われ、2日目と最終日に3つの予選グループの各1位~4位チーム同士で順位決定戦(総当たり)を実施。12チームが争った。

 4年ぶり2回目の優勝に輝いたPFU ブルーキャッツは、攻守ともに安定した試合展開で大会を制した。特に今季入団したバルデス・メリーサは前衛後衛を問わずスパイクを放ち得点を重ねて、最優秀選手賞とフレッシュオールスター賞の2タイトルを受賞した。
 なお、7月2日(金)から「2021 V・サマーリー グ女子 西部大会」がスカイホール豊田(愛知県豊田市)で3日間、行われる。

 最終順位、個人賞は下記の通り。

【最終順位】
優勝  PFUブルーキャッツ
準優勝 KUROBEアクアフェアリーズ
3位  NECレッドロケッツ
4位  日立リヴァーレ
5位  リガーレ仙台
6位  ルートインホテルズブリリアントアリーズ
7位  東日本大学選抜
8位  GSS東京サンビームズ
9位  埼玉上尾メディックス
10位  群馬銀行グリーンウイングス
11位  プレステージ・インターナショナルアランマーレ
12位  ブレス浜松

【表彰選手】
最優秀選手賞 バルデス・メリーサ(PFU)
敢闘商    舛田紗淑(KUROBE)
フレッシュオールスター賞(V1) バルデス・メリーサ(PFU)
フレッシュオールスター賞(V2) 野上菜月(ルートイン)

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。