【ラジオNIKKEI賞】確かな先行力と内枠を高く評価 東大HCの本命はプレイイットサム(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

7月4日(日)に福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞(G3・芝1800m)。夏競馬の幕開けを告げるハンデ重賞に、秋に向けて飛躍を誓う3歳馬16頭が集結した。

【CBC賞 2021予想】3歳馬全滅、それでもピクシーナイトに味方するデータとは?(SPAIA編)

人気の中心はNHKマイルC4着のリッケンバッカーや春のクラシック路線を歩んできたアサマノイタズラ、シュヴァリエローズといった実績馬たち。波乱傾向の強い一戦を制するのはどの馬なのか。今週もデータを踏まえて検討する。

〈過去9年のラジオNIKKEI賞・斤量別成績〉
51kg以下【0-0-0-15】勝率0.0%/連対率0.0%/複勝率0.0%/複回収率0%
52・53kg【1-2-6-35】勝率2.3%/連対率6.8%/複勝率20.5%/複回収率155%
54・55kg【6-7-2-39】勝率11.1%/連対率24.1%/複勝率27.8%/複回収率94%
56kg以上【2-0-1-17】勝率10.0%/連対率10.0%/複勝率15.0%/複回収率32%

まず過去9年(11年は中山開催のため除く)のラジオNIKKEI賞の斤量別成績を表にした。ラジオNIKKEI賞では軽ハンデを活かした人気薄の馬が馬券に絡むことが多く、斤量を特に重視する必要がある。そこで以下では斤量別に分析していき、それぞれの好走パターンを探ってゆく。

まず51kg以下の超軽ハンデの馬は真っ先に消し。3着以内はおろか掲示板に載った例もなく該当馬はヒモに含める必要すらない。また52・53kgを背負った馬のうち、4角3番手以内の馬が【1-2-2-3】と好走馬の大半がこれに該当。番手で運ぶことが好走に必須となっている。中団から差す競馬を得意とするスペシャルドラマ、ロードトゥフェイム、ワザモノは評価を下げざるを得ない。

次いで馬券の中心を占める54・55kg組。この組でも先行力は重視すべきで、4角2~5番手が【4-4-2-11】とやはり好走馬が集中。また今年は4頭が該当する前走重賞組について詳しく見ると、このうち唯一狙えるのは東京重賞組。その成績は【1-2-1-3】で複回収率は290%に達する。前走二桁着順からの巻き返しも見られ、ヴェイルネビュラ(NHKマイルC)とノースブリッジ(青葉賞)にはチャンスがある。対して東京以外の重賞組は【1-0-0-10】と大苦戦で、シュヴァリエローズとボーデンは狙いづらい。

最後に56kg以上の斤量を背負う馬について。重いハンデを課されるのは大抵実績馬であり、それ故人気こそするものの回収率は低調。馬券に絡んだ3頭はいずれもキャリア6戦以内で、デビューから直ぐに結果を残した馬のみが走ってくる。今年はアサマノイタズラとリッケンバッカーがトップハンデとなる56kgを背負うが、後者はキャリア7戦で好走パターンから外れており危険な人気馬といえる。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。