【宝塚記念】クロノジェネシス、レイパパレの一騎打ち? 参考レースからの注目馬は(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

上半期を締めくくるグランプリレース・宝塚記念。元来牝馬の強いレースではあるが、今年は昨年覇者クロノジェネシスと6戦6勝で大阪杯を制したレイパパレが顔を合わせる大一番。週末の天気も重要な一戦だが、まずは参考レースから各馬の潜在能力を探っていきたい。

【宝塚記念 2021予想】クロノジェネシス、レイパパレにも死角あり!春のグランプリ的中へのデータとは?(SPAIA編)

【有馬記念】
キセキが出遅れたことでバビットの単騎逃げ。前半も中盤も遅く、スローペースで2周目向正面に入ってからの持続力勝負に。先行勢はフィエールマン以外総崩れだったが、いずれも力差を感じる内容であった。

1着馬クロノジェネシスは完璧な競馬で勝利したように映るが、残り1000~800mで11.5を計測。中盤でこのラップを刻んでラストにも脚を残しているのだから、着差以上の強さを感じる勝利であった。ここでのペースアップがきつかったことは一緒に上がって行ったキセキがラストでバタッと止まったことからもわかる通りだろう。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。