【宝塚記念結果速報】クロノジェネシスが連覇達成!2着は逃げ粘ったユニコーンライオン(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

6月27日、阪神競馬場で行われた宝塚記念はルメール騎手騎乗のクロノジェネシスが1着で入線。2着にはユニコーンライオン、3着にはレイパパレが入線した。

【宝塚記念 2021予想】クロノジェネシス、レイパパレにも死角あり!春のグランプリ的中へのデータとは?(SPAIA編)

ユニコーンライオンが最内枠から先手を取り、隣枠のレイパパレもペースを上げまいとばかりに2番手で抑える展開。レイパパレの真後ろというポジションで運んだクロノジェネシスが、直線は悠々と突き抜けて勝利。昨年に続く連覇、有馬記念とあわせてグランプリレース3連覇の快挙を達成した。

2着は逃げたユニコーンライオン。勝ち馬の脚は別格だったが、2番手につけてきたレイパパレとの長い長い叩き合いには先着。充実度の高さを示した。

3着は初黒星のレイパパレ。距離不安もあった中でのレースだが、大崩れせずに馬券圏内は確保。地力で粘り通した形か。

※万全を期すため、主催者が発表する情報と照合してください。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。