第1子妊娠中のだいたひかる、不妊治療時の胸中を回想「心がポキポキ折れていた」(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

第1子を妊娠中のタレント・だいたひかる(46)が2日までに自身のブログを更新。不妊治療中の心境について「心ポキポキに折れていました」と振り返った。

 だいたは「心がポキポキ折れていた頃」のタイトルで記事をアップし、不妊治療で心が折れそうだという読者からの声を紹介。その上で「私の現役不妊治療中は、心ポキポキに折れていましたよ。もう道路に落としたポッキー状態でした」とし「結果が出ない度に、普通妊娠したかった…何で自分だけこんなに苦労するんだって…そんな事を思って、勝手に自分で折っている感じでしたが」と回顧。

 それでも「私も30代ではじめた不妊治療が、40代に入った時はゾッとしていましたが…諦めたく無いなら諦めない方が良いと思います」と呼びかけ、「お金は取り戻せる可能性がありますが、歳を若くする事はどうしても出来ないので…今が一番若いんです!! 私は今の病院で、『まだ40歳なんだから』と言われたのが、凄く嬉しかったので」とエールを送っていた。

 だいたは38歳から不妊治療を開始したが、40歳で乳がんが見つかり治療を中断。2019年3月に乳がんが局所再発し、摘出手術を受けた。そして20年8月31日、ブログで不妊治療を再開することを明かし、体外受精をした末に妊娠したことを5月21日に発表した。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。