【ラグビー】日本代表アマナキ・レレイ・マフィ 大一番へ「仲間を信じないと勝てない」(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

チームスローガンは『ONE TEAM』。2019年の流行語になった。日本代表のアマナキ・レレイ・マフィは簡潔に言う。

「明日は絶対、仲間を信じないと勝てないから。明日、皆、応援してください、がんばります」

 6月26日、スコットランド・エディンバラのマレーフィールドでブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズと戦う。マフィは25日の試合前日練習後、オンラインで取材に応じた。5月下旬からの別府合宿、6月12日の強化試合を経てこの日を迎えた。

「いままで5~6週間準備してきた。それを信じて、明日、やるしかない! (焦点は)フィジカルのところ。ボールキャリーで、自分で前に進んで、それに皆もフォローしてもらって…。相手に負けないようにやりたいです」

 初の8強入りを果たしたワールドカップ日本大会以来、約1年8か月ぶりとなるテストマッチ(代表戦)だ。相手は4年に一度のみ結成される4協会の連合軍。今度の会見中は、対戦が楽しみな選手は誰かとの質問も飛ぶ。

 ところが、ワールドカップに2大会連続出場中のマフィは「特にいないです!」。熟練者の言うことはかえって簡潔になる。

「ラグビーって、15人(でおこなう)なんで。ひとりじゃなくて、皆のチームワークで。自分の前にいる選手に負けないように頑張ります」

 トンガから花園大を経てNTTコムでブレイク。現在31歳でキヤノン所属のマフィは、力強い突破が持ち味の通称「フィジカルモンスター」としてその名を馳せてきた。

 現在、持ち場のFW第3列には多くの有力選手が台頭している。12日に静岡・エコパスタジアムでおこなった強化試合では、JAPAN XVの名義で先発して挑んだサンウルブズのメンバーに「素晴らしいアピールをしてもらった。やっぱり、誰でもこの代表にこのポジションに入りたいと手を挙げています」と感嘆。前半終了時点で3-14とリードされ、32-17と逆転するまでの過程をこう振り返っている。

「すごいいい勉強になりました、サンウルブズのメンバーはよく知っているメンバーで、俺らの練習(内容)もわかっていた。最初はやりづらかったけど、最後まで頑張っていきました!」

 さらにワールドカップでともに戦った姫野和樹は、ニュージーランドのハイランダーズでも主力としてスーパーラグビー トランス・タスマンの決勝に先発。合流まもなく今度のゲームは、リザーブで出番を伺う。

 渦中、マフィは軸足をぶらさない。

 以前から「モチベーションはたくさんあります。まずファーストは、自分の家族です。セカンド、日本の皆様」と話しており、目下の定位置争いよりも大きなものを見据えているようだった。

「もともと姫ちゃんはいい選手。ニュージーランドでも素晴らしい活躍をして、日本のラグビーを盛り上げた」とし、こう続ける。

「僕は、姫ちゃんに見せるんじゃなくて、日本のために(自分のプレーを)見せたい」

 待ちに待った大一番は目の前にある。「人生のなかで(おそらく)このチャンス1回しかない。これは、(4年に一度開催される)ワールドカップみたい。楽しみにしています」と、目を細めていた。

(文:向 風見也)

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。