【ラグビー】神戸製鋼コベルコスティーラーズ 10年間在籍したPR山崎基生が退部(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

神戸製鋼コベルコスティーラーズは6月30日、2020-2021シーズンをもって退部する選手・退任スタッフに追加があったことを明らかにし、10年在籍したプロップの山崎基生選手(32歳)が退部、1年在任したアスレティックトレーナーの北口琉我氏が退任すると発表した。

 元U20日本代表である山崎選手は、2011年に流通経済大学を卒業後、神戸製鋼コベルコスティーラーズの一員となり、同部によれば、公式戦は通算92試合に出場した。

 神戸製鋼コベルコスティーラーズは5月14日にも、2021年度の日本代表候補に名を連ねていたNO8ナエアタ ルイなど9選手の退部を発表していた。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。