バックスがファイナル進出へ王手…ロペス、ポーティスが殊勲の活躍/NBAプレーオフ(バスケットボールキング)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:バスケットボールキング

7月2日(現地時間1日)、NBAプレーオフのイースタン・カンファレンス決勝第5戦が行われ、ミルウォーキー・バックスがアトランタ・ホークスを本拠地に迎えた。

今季終了後にFAを迎える注目ガードたち…新天地候補に挙がっている球団は?

 シリーズはここまで2勝2敗のタイ。バックスがヤニス・アデトクンボ、ホークスがトレイ・ヤングとともにエースを欠く状況で迎えた第5戦は、バックスが先手を奪った。第1クォーター序盤に10-2のランでスタートダッシュに成功すると、その後も順調に得点を伸ばして36-22で終了。続く第2クォーターは相手の反撃に遭い、このクォーターだけで34失点を喫するが、クリス・ミドルトンやヤニスに代わってスタメン出場したボビー・ポーティスらが負けじと得点を奪い、65-56とリードを保って試合を折り返す。

 バックスの9点リードで突入した第3クォーター、序盤は互いに得点を奪い合う展開となるが、終盤にポーティス、ブルック・ロペスのポイントで徐々にリードを広げ、91-78で最終クォーターへ。勝負の第4クォーター、バックスは前クォーター終盤の勢いそのままに攻め立て、テンポ良く得点を重ねていく。ミドルトンやポーティス、パット・カナートンが3ポイントシュートを沈め、試合残り7分6秒で109-92と17点差まで広げることに成功。その後落ち着いて試合を締めくくったバックスが123-112で勝利し、47年ぶりとなるファイナル進出へ王手をかけた。

 勝利したバックスは、ロペスがプレーオフキャリアハイとなる33得点を挙げたほか、ミドルトンが26得点、ドリュー・ホリデーが25得点、ポーティスが22得点を記録した。敗れたホークスは、ボグダン・ボグダノビッチが28得点、ジョン・コリンズが19得点、ルー・ウィリアムズが17得点を挙げたが敗戦を喫した。

■試合結果
ミルウォーキー・バックス 123ー112 アトランタ・ホークス
MIL|36|29|26|32|=123
ATL|22|34|22|34|=112

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。