【巨人】小林、振りまくった1784スイング「変わらないといけない」(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

巨人の秋季キャンプが1日、宮崎県総合運動公園でスタートした。最大のテーマである若手の打撃強化へ、例年の1・5倍に相当する1日1500スイングをノルマに課し、10種類の打撃練習を導入。チームで唯一、早出と全体練習後の特打を行った小林誠司捕手(28)が1784スイングを振り込むなど初日から猛練習を行った。キャンプは19日まで。

 小林は、息つく間も惜しむように、振って振って振りまくった。朝8時半に宿舎を出発し、早出の打撃練習から始まったキャンプ初日は、特打、ウェートを終えて球場を出たのが午後6時。9時間半にも及ぶ猛練習で合計1784スイング、10種類の打撃練習でバットを振った。「数じゃないと思う。でもしっかり練習ができたかなと。続けていきたい」と引き締まった表情で振り返った。

 今季は正捕手を任され自己最多の138試合に出場し、打率2割6厘、2本塁打、27打点。悔いが残っただけに「ただ振るんじゃなくて意識を高く持ってやっていきたい」と、このキャンプで自らを徹底的に追い込む覚悟だ。小林をキャンプ限定の主将に任命した高橋由伸監督(42)は「一番の課題だからね。まあ、やればいいっていう問題ではない。ただ、やらなくちゃいけない選手だし、多くの人が思うところだから」と、厳しい言葉でさらなる奮起を促した。

 2時間の打撃練習の質も向上させた。従来のティー、フリー打撃などに加え、片手を使ったり、球を低めの位置に置いたり。サンマリン宮崎と木の花(このはな)ドームを使って、全10種類をサーキット方式で行った。由伸監督は「いろんなことの中で何かヒントがあればいいし、自分に合うものをつかんでくれればいいと思う。種目を変えることで集中力を保ってくれればいい」と説明。初日のスイング数は岡本が1370、山本が1158、重信が1053。おのおのが質を求めながら、量を振り込んだ。

コメントを残す