【宝塚記念】追い込み台頭のカギは「押して逃げる馬」の有無 今年の狙いは先行馬?追い込み馬?(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

6月27日の阪神競馬場では、春の古馬GI戦線を締めくくる大一番、宝塚記念が行われる。コントレイル、デアリングタクトの牡牝三冠馬の回避は残念だが、連覇を狙うクロノジェネシスと、この春最大の上がり馬レイパパレが激突。カレンブーケドールの出走もあり、実力牝馬の戦いが注目される。ここでは、過去のレースラップから、今年のレース展開と、その展開を生かせそうな馬たちを探ってみたい。

【宝塚記念 2021予想】クロノジェネシス、レイパパレにも死角あり!春のグランプリ的中へのデータとは?(SPAIA編)

宝塚記念は阪神芝2200m、内回りコースを使ってレースが行われる。阪神芝2200mの古馬重賞は宝塚記念しかないが、同じ内回りコースを使う阪神芝2000mの古馬重賞なら、大阪杯、鳴尾記念、マーメイドS、チャレンジCと4つある。阪神内回りコースの傾向を探る意味で、これらのレースラップを比較してみたのだが、200mの違いで傾向に大きな違いがあることに驚かされた。

芝2000mの4重賞は、最初の3Fを35秒後半から36秒台でゆったりと入り、ラストは速い上がりの勝負。過去10年(重・不良除く)の平均で、3Fの前後半差は大阪杯が-1.9秒、鳴尾記念が-1.0秒、マーメイドSが-0.4秒、チャレンジCが-1.9秒。上がりの速い決着という傾向は明らかだ。

ところが、発走地点が4コーナー側に200m寄る宝塚記念では、過去10年間の前3F平均が34秒9で、上がり3F平均は36秒0。前後半差はなんと+1.1秒で、同じ阪神内回りの中距離重賞でも、2000mの4重賞とはラップ傾向に大きな違いがある。

宝塚記念の過去のレース映像を見て、この前半のラップの速さに納得がいった。宝塚記念の発走地点は4コーナーの出口付近。1コーナーまでの直線距離が525mもあるうえに、ゴール前200mまでは下り坂。逃げたいと思えば、少々ダッシュが利かなくても、押して押して1コーナーまでポジションを上げることができるのだ。当然、下り坂を気合をつけて押していけばペースも上がるだろう。

コメントは受け付けていません。