【宝塚記念】雨が降ればレイパパレには負けない! 京大競馬研はクロノジェネシスの連覇に自信あり(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

6月27日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念(G1・芝2200m)。今年はやや小粒なメンバー構成で少し寂しい感じは否めないが、それでもグランプリ3連覇を目指すクロノジェネシスをはじめ、大阪杯を完勝したレイパパレ、天皇賞(春)3着のカレンブーケドールなど、強力牝馬勢が揃い楽しみな1戦だ。

【宝塚記念 2021予想】クロノジェネシス、レイパパレにも死角あり!春のグランプリ的中へのデータとは?(SPAIA編)

近年強い牝馬がここも制圧するのか、はたまた牡馬勢が一矢報いるのか、過去の傾向や今年の勢力図なども踏まえつつ予想していく。

まずは宝塚記念の過去の傾向を見ていく。過去10年の宝塚記念について3着内馬のコーナー通過順を見ていくと、少頭数の場合は前が残りやすい傾向が出ている。過去10年で15頭立て以下となったのは4度あったが、そのうち3度は道中4番手以内の馬が3着内を独占している。例外はサトノクラウンが制した2017年だが、前半にアップダウンの激しいペースを刻んでからのロングスパート戦で、先行勢が苦しくなったものだ。

逆に16頭立て以上の場合は、道中二桁番手の馬が追い込んでくるケースが多い。これは頭数が多いと馬群を捌きづらくなることを懸念し、中団勢の仕掛けがワンテンポ早くなりがちなことや、有力馬が早めに前をつぶしに行くことが原因だろう。今年は13頭立てとなったため、道中余程ペースが乱高下しなければ基本的には先行勢が有利になると見てよいだろう。

【広告】 位元堂

コメントは受け付けていません。