【DeNA】ラミレス監督、「浜口が本当によく投げた。素晴らしいの一言に尽きる」…一問一答(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

◆SMBC日本シリーズ2017第4戦 DeNA6―0ソフトバンク(1日・横浜)

 「SMBC日本シリーズ2017」第4戦は、3連敗で崖っ縁に立たされていたDeNAが、シリーズ初勝利を挙げた。先発したドラフト1位左腕・浜口がソフトバンク打線を8回1死まで無安打無得点に抑えた。打っては5番の宮崎が5回に先制ソロ、8回にダメ押し打。7番の高城もソロを含む3打点と暴れて、投打で圧倒した。

 ★ラミ監督に聞く

 ―大きな1勝だ。

 「浜口が本当によく投げた。素晴らしいの一言に尽きる」

 ―継投のタイミングは?

 「判断が難しかったが(浜口は)100球を超えたし、安打が2本出て、勢いが向こうに移りかけていた。相手の右の主軸の4打席目ということもあって決断した。完璧なタイミングだったと思う」

 ―9回は6点差でも山崎康を投入した。

 「今日は勝たないといけない試合だったので、勝っても負けてもベストメンバーで戦うつもりだった」

 ―キーマンに指名していた桑原が、シリーズ初安打を含む2安打1四球。

 「いつも言うように、どう始まるかではなく、どう終わるかが大切。彼はCSでも最初は打たなかったが、最終的には彼の活躍で日本シリーズにたどり着けた。このまま打ち続けたらみんな3試合無安打だったことなんか忘れるはずだよ」

 ―1つ勝ってソフトバンクの弱点は見つかった?

コメントを残す