【ラグビー】日本代表、ライオンズ相手に金星ならず。後半に姫野がトライ奪うも敗れる。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

2019年のラグビーワールドカップでベスト8入りして以来、1年8か月ぶりにテストマッチを迎え、英国・アイルランドの精鋭からなるドリームチームに挑んだ日本代表だが、金星獲得とはならなかった。6月26日にスコットランド・エディンバラのマレーフィールドでブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズと対戦し、10-28で敗れた。

 4年に一度結成されるライオンズに選ばれた名誉ある男たちが、貴重な地元での試合で奮起し、前半からゲームを支配した。

 試合序盤、日本はFLピーター“ラピース”・ラブスカフニとHO坂手淳史がブレイクダウンで好ファイトし、ピンチを脱出したが、12分にも反則があってライオンズに攻め込まれ、2019年ワールドカップのトライ王でもあるWTBジョシュ・アダムズ(ウェールズ)に先制トライを許した。

 懸命のディフェンスを続けていた日本だが、ライオンズは18分にも22メートルライン内に入り、ラックから出たボールを手にしたWTBドゥハン・ファンデルメルヴァ(スコットランド)がブラインドサイドを抜けてインゴールに持ち込んだ。

 ライオンズペースは続き、23分にはモールでゴールに迫ったあとボールを動かし、CTBロビー・ヘンショウ(アイルランド)が力強い突進でトライ。SOダン・ビガー(ウェールズ)のゴールキックは安定していて、0-21となった。

 日本は26分に敵陣22メートルライン内に入るも、ラインアウトスローがノットストレートとなり、チャンスを逃した。その後、スクラムで反則が続き、36分にもラインアウト失敗で流れを変えられない。

 日本は前半最後に敵陣深くに入ってトライを狙いに行ったが、ライオンズの堅いディフェンスに阻まれ、得点することはできなかった。

 ライオンズは後半も日本にプレッシャーをかけ続け、49分(後半9分)にはFLタイグ・バーン(アイルランド)がディフェンスを破り、中央を切り裂いてそのままゴールへ走り抜けた。

 意地を見せたい日本は59分、ようやくトライを奪い返す。敵陣深くに入ってラインアウトから攻め、後半途中から出場のFL姫野和樹がタックルを外してさらに前進、NO8テビタ・タタフらのサポートを受けてインゴールにねじ込んだ。SO田村優のコンバージョン成功。田村は69分にもペナルティゴールを決め、10-28とした。

 その後、タタフがパワフルな走りで会場を沸かせ、74分にもテンポよく攻めて再び姫野がゴールラインを割ったが、ライオンズはグラウンディングを許さず。
 ニュージーランドでたくましくなった姫野に負けじと、フランスで大きく成長したWTB松島幸太朗もライオンズ相手に鋭い走りを見せたが、結局、2つ目のトライを奪うことはできず、10-28でノーサイドとなった。

 なお、この試合では先発したWTBシオサイア・フィフィタのほか、リザーブだったSH齋藤直人、PRクレイグ・ミラー、LOジャック・コーネルセンも出場し、日本代表初キャップを獲得している。

 敗れた日本代表だが、ヨーロッパ遠征は続き、7月3日にはダブリンで世界ランキング4位のアイルランド代表と対戦する。

 ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズは南アフリカへ向かい、約1か月半続くツアーの終盤には2019年ワールドカップ王者の同国代表“スプリングボックス”と戦う。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。