鷹打線、左腕にかなわん…2安打完封負け 柳田「不思議な感じ」(サンケイスポーツ)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

SMBC日本シリーズ第4戦(DeNA6-0ソフトバンク、ソフトバンク3勝1敗、1日、横浜)あわや…。敵地の大音量に飲まれ、鷹打線がまさかの沈黙だ。切り込み隊長の柳田は好投を許した浜口に拍子抜けしたような印象を抱いていた。

 「不思議な感じ。何で打てんのかなって」

 一回先頭で二ゴロ。前の3試合は最初の打席の安打で先制の起点になった男が倒れると予想外の展開になった。八回一死まで無安打で零封負け。史上6度目の初戦から4連勝はならなかった。

 初対戦の浜口を藤本打撃コーチは試合前「パワーピッチャー」と表現していた。ところが、感想は「チェンジアップもよく、フォークも邪魔だった」。工藤監督も「CSでもそうだったけど、緩急についていくのに時間がかかった」と振り返った。

 楽天とのCSでも辛島と塩見に抑えられて連敗した。タイプもだが、共通点は左腕。日本シリーズ第2戦の今永も含め、ポストシーズンは左腕への苦戦が続くまま、第5戦も左の石田と対戦する。八回二死二塁の一塁内野安打のみに終わった柳田は「悔しい。もう一回やりたい」と唇をかみながらも、目標を切り替えた。

 「そんなにいつも上手くはいきませんけど、あしたは上手くいくように頑張ります」

コメントを残す