パトリックがチームを救う圧巻2ゴール! G大阪は全北現代と熱闘ドロー◎ACL第2節(サッカーマガジンWeb)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サッカーマガジンWeb

2021年6月28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループHのグループステージ第2節が行なわれ、ガンバ大阪が韓国の全北現代と、ロコモティフ・スタジアムで対戦した。開始早々に2失点する苦しい展開も、前節に続き、パトリックが決定力を発揮。2ゴールを決めて追いつき、G大阪がドローに持ち込んだ。

【写真】全北現代の2点目を決めた邦本宜裕/球際バトルを演じるG大阪の藤春廣輝、キム・ヨングォン

■2021年6月28日 ACL・H組GS第2節(@ロコモティフ・スタジアム/無観客)
G大阪 2-2 全北現代
得点:(G)パトリック2
   (全)スタニスラフ・イルチェンコ、邦本宜裕

【広告】 位元堂

コメントは受け付けていません。