ローマ指揮官、プレミア王者チェルシーを相手に1勝1分けで大満足(GOAL)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

チェルシーから見事な勝利を手にしたローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は、パフォーマンスに満足感を示した。

ローマは10月31日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でチェルシーと対戦。試合は前半でホームのローマが2点リードを得ると、チェルシーが反撃の姿勢を見せた後半にも1点を追加し、3-0で完勝を収めた。ディ・フランチェスコ監督は、「チェルシーの守備がひどいことに驚いたか」という質問にこう語る。

「いや、相手が良いチームであることはわかっていた。後半はウィンガーを投入してきて、危険な展開になるかもしれないと思ったが、上手く対応できた。前半は素晴らしいチェルシーを相手に好プレーをし、後半の試合を終わらせる前には後ろに留めさせることができた」

ローマは前節もチェルシーとスタンフォード・ブリッジで打ち合って3-3のドロー。プレミア王者に全く引くことなく、1勝1分けで2連戦を終えている。これでローマは、グループCの首位に立ち、ディ・フランチェスコ監督はチームを誇った。

コメントを残す