【宝塚記念】レース史上2頭目の連覇にクロノジェネシスが挑む! 春のグランプリレース注目ポイント(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

マーメイドSはシャムロックヒルが勝利し、鞍上の藤懸騎手とともに嬉しい重賞制覇となった。また、ユニコーンSでも7番人気のスマッシャーが勝利。初マイルで重賞初挑戦初制覇を達成した。一方、サウジダービー覇者ピンクカメハメハがレース中に転倒。急性心不全にて急逝した。海外のダービーを勝利しファンに勇気を与えてくれた馬だっただけに、残念でならない。

【宝塚記念 2021予想】クロノジェネシス、レイパパレにも死角あり!春のグランプリ的中へのデータとは?(SPAIA編)

さて、今週は宝塚記念。今週は全馬無事に完走することを願いたい。2020年の宝塚記念・有馬記念と両グランプリを制したクロノジェネシス、6戦無敗のG1馬レイパパレ、3度の2着を含むG1競走6戦全て掲示板圏内のカレンブーケドールと、人気の中心は牝馬となりそうだ。ここ5年で牝馬が3勝しているレースだけに、彼女たちの飛躍に注目が集まる。

一方、牡馬も菊花賞2着、天皇賞(春)4着と悔しい思いをしてきたアリストテレス、前年3着馬モズベッロ、2年連続で2着のキセキなどが参戦。前年3着馬が優勝するパターンは、過去にタップダンスシチー、アーネストリーらが達成しているだけに、こちらにも注目したい。

【広告】 位元堂

コメントは受け付けていません。