【ユニコーンS】堅めのレース、特に外枠の人気馬には逆らうな 東大HCの本命はルーチェドーロ(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

6月20日(日)に東京競馬場で行われるユニコーンS(G3・ダ1600m)。3歳世代が臨む初の中央ダート重賞に精鋭16頭が集まった。OPクラスを勝ってきたゲンパチフォルツァやルーチェドーロ、ヒヤシンスS勝ち馬・ラペルーズ、サウジダービー馬ピンクカメハメハなど当代屈指のメンバーが揃った。

【マーメイドステークス 2021予想】穴馬狙いで振り回せ 万馬券の使者はこの馬だ!(SPAIA編)

ユニコーンSは出世レースとして知られ、昨年引退したゴールドドリームや今年のフェブラリーS勝ち馬・カフェファラオなど歴代勝ち馬は錚々たる顔ぶれ。偉大な先達同様、栄光への切符を手にして未来のダート戦線の中核を担ってゆくのはどの馬なのか。今週もデータを踏まえて検討していこう。

〈過去10年のユニコーンS・好走馬の人気〉
年度/1着馬/2着馬/3着馬/1番人気馬の単勝オッズ
2011/3番人気/1番人気/2番人気/2.3
2012/1番人気/2番人気/8番人気/3.2
2013/3番人気/1番人気/8,11番人気/2.3
2014/3番人気/4番人気/7番人気/1.3
2015/2番人気/9番人気/3番人気/1.5
2016/2番人気/1番人気/3番人気/2.8
2017/2番人気/5番人気/3番人気/2.5
2018/1番人気/3番人気/7番人気/2.3
2019/3番人気/2番人気/6番人気/2.6
2020/1番人気/3番人気/11番人気/2.0

まず過去10年のユニコーンSにおける3着馬までの人気と、1番人気馬のオッズを表にした。

馬券に絡んだ計31頭(13年は3着同着)のうち、1~3番人気の馬が21頭と人気サイドの成績が抜群。断然人気のアジアエクスプレスが飛んだ2014年を除いては毎年3番人気以内の馬から少なくとも2頭は好走している。上位人気3頭から2頭を選択するだけで的中が狙えるという何ともイージーな条件だ。ただし当然配当も低くなるため、一攫千金を狙うには同日に行われるマーメイドSの方が向いている。

力の抜けた存在がおらず人気が割れそうな今年だが、混戦なら荒れるのかと言えばそうでもない。人気サイド優位の傾向は、1番人気馬のオッズが2.8(2016年)や3.2(2012年)と比較的高い場合でも変わらない。それどころか2012年と2016年の連対馬4頭いずれも2番人気以内であったことを考えると、むしろ強まっているとさえ言えよう。今年も前例に倣って上位人気馬を重視したい。

難しいのが中位~下位人気馬が収まる残りの1枠。過去10年で4番人気以下から馬券になった全10頭には臨戦過程や脚質の点で共通項はなく、消去法的に考えるのが最適。

前走OP特別・リステッド組については前走5着以下が【0-0-0-27】であることや、当日4番人気以下の前走OP勝ち馬が【0-0-0-5】であることを元に取捨を行いたい。また前走1勝クラス組についてはキャリア4戦以下が【0-0-0-14】と好走例がなく、今年の前走1勝クラス組4頭は全てこれに該当。14頭には前走で0秒3以上の着差をつけて勝った馬が5頭も含まれており、いくら勝ちっぷりが良くても信用できない。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。