【宝塚記念】クロノジェネシスに死角あり!?勝ち馬候補を3頭に絞り込めるデータを発見だ!(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

宝塚記念の文字を見ると一頭のサラブレッドを思い出す。「メイショウドトウ」である。河内洋が乗った前年の宝塚記念、的場均が乗った天皇賞(秋)、主戦騎手である安田康彦が乗ったジャパンカップ、有馬記念、天皇賞(春)すべて2着。常にテイエムオペラオーに阻まれ続けた2着街道。そんなメイショウドトウが一世一代の根性を見せつけ勝利したのが2001年の宝塚記念だった。あれから20年。今年はどんなドラマが待っているのだろうか。

【宝塚記念 2021予想】クロノジェネシス、レイパパレにも死角あり!春のグランプリ的中へのデータとは?(SPAIA編)

近10年間の馬連平均配当は「5098円」、3連単平均配当は「162006円」とG1としては波乱含みのレース。これは「近1年以内にG1かG2で勝ち星がある馬」が人気の盲点になっているからである。成績に直すと[9-7-7-47]で、前走5番人気以内に支持されていると[8-4-4-28]とグッと安定感が増す。

今年、6月21日時点の出走予定馬で当該条件を満たすのは、クロノジェネシス、レイパパレ、アリストテレスの3頭のみで、いずれも上位人気が予想されるメンバー。大波乱は考えにくい。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。