【マーメイドS】斤量、展開、馬場、すべてを味方に! 好騎乗光った藤懸貴志、念願の重賞V(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

シーズン末期の牝馬限定ハンデ重賞とあって、毎年のように波乱決着が待つマーメイドS。その決まり手は極端で、追い込み決着もあれば、前残りもある。いわば展開を味方につけた馬が勝利をつかむ競馬であり、展開を読み切ることができれば的中にぐっと近づける。今年は逃げ馬不在。上位人気、近況がいい馬にも先行型が少なく、スローペースになる公算が高かった。

【マーメイドステークス 2021予想】穴馬狙いで振り回せ 万馬券の使者はこの馬だ!(SPAIA編)

こうした戦況で最内枠を引いたシャムロックヒル(50キロ)に乗る藤懸貴志騎手の腹は決まっていた。ハナを奪う素振りを見せれば、他馬は絡みに来ない。1コーナーで外から川田将雅騎手のサンクテュエールが番手をとったのも大きかった。ペース判断に長けた騎手ゆえにシャムロックヒルの流れに便乗、後ろに余計な動きをさせないからだ。

12秒台が続く淡白な流れに持ち込み、馬群はひと塊、シャドウディーヴァ、カセドラルベルらは馬群で揉まれる形に。1000m通過1分0秒8のマイペースを決めたシャムロックヒルは残り600mからスパート。藤懸騎手のアクションは4コーナーから大きかったが、これは瞬時に加速できないからこそで、手応えは悪くなかったとレース後のコメントに残している。この手応えに後ろは読み違えたか、ソフトフルートら先行集団の追い上げは厳しくなく、番手にいたサンクテュエールが早めに余力を失ったことも大きかった。

内を追ってきたシャドウディーヴァに並ばれてから見せたしぶとさは、斤量差がかなり影響したようで、味方にできるものをすべて利用した勝利だった。前走は1月中京の3勝クラス寿Sでの1.6差14着。鮮やかな変わり身はマーメイドSらしい。

母ララアの産駒は、19年のこのレースを勝ったサラス、現オープンのセラピアなど阪神に強い牝馬が多い。キズナ産駒は、イメージより泥臭く、逆境を跳ね返す強さがセールスポイント。父の現役時代も日本ダービーこそ鮮やかだったが、戦歴を振り返ると、決して軽さを押し出したものではなかった。シャムロックヒルが最後の急坂で発揮した二枚腰は、父の産駒特有のものだ。

藤懸騎手はデビュー11年目で待望の重賞V。オークスではG1初騎乗ながらハギノピリナで16番人気3着と2021年上半期に目立った若手騎手のひとり。ハギノピリナもキズナ産駒であり、同産駒特有のしぶとさと手が合うようだ。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪護髪素(滋養修護)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用のコンディショナーです。
防掉髮洗髮露(強靭配方)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。