【ユニコーンS】勝ち馬は6年連続で後のG1馬に 中央3歳ダート戦線を占う一戦の注目ポイント(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

新馬戦も始まり、素質馬が続々とデビュー。土曜日には白毛馬・ハイアムズビーチがデビュー勝利をあげた。さらに札幌ではカイカノキセキが2歳コースレコードを更新。さらにはシルバーステート産駒やリオンディーズ産駒が勝利をあげている。

【マーメイドステークス 2021予想】穴馬狙いで振り回せ 万馬券の使者はこの馬だ!(SPAIA編)

ハイアムズビーチは新種牡馬ドレフォンの産駒で、新興勢力の種牡馬たちが勢いに乗っている。そんな中で、日曜日の2重賞はどちらもディープインパクトの孫が勝利。こちらも世代交代を感じる結果となった。

さて、今週はユニコーンS。かつては『4歳ダート三冠シリーズ』の一角を形成した、3歳ダートの出世レースである。昨年はやはり新興勢力の種牡馬であるAmerican Pharoahの産駒、カフェファラオが勝利。今年に入ってからフェブラリーSも制するなど、ダート界を牽引する1頭となった。多くの名馬を輩出してきた重要な一戦だけに、今週も見逃せないレースとなる。

今年も先人たちに追いつけ追い越せと、多彩なメンバーが集結。サウジダービーを制したピンクカメハメハをはじめ、端午Sや青竜S、昇竜S、ヒヤシンスSなどの勝ち馬が火花を散らす。今後訪れる、タレント揃いと名高い今年の地方3歳勢との対決に向けても、中央ダート戦線の勢力図を明らかにしていきたい。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。