バイエルン、ライプツィヒに“連勝”…ハインケス就任から5戦負けなしで首位浮上(GOAL)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

バイエルン・ミュンヘンが見事なまでの復活の狼煙を上げている。28日に行われたブンデスリーガ第10節で強さを見せた。

日本代表美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!特別編【46枚】

バイエルンは28日、ミッドウィークでPK戦までもつれこんだRBライプツィヒと“再戦”。ケガで3週間の離脱を強いられたトーマス・ミュラーは欠場となり、代わりにハメス・ロドリゲスが先発メンバーに入っている。

試合は序盤に大きな動きが。スルーパスに抜け出したアリエン・ロッベンが、ライプツィヒDFウィリー・オルバンに倒される。ペナルティエリア外でのファウルとなったが、判定は一発退場。開始13分でライプツィヒは数的不利の状況に追い込まれる。

すると19分、右サイドからロッベンが意表を突く左アウトで中にボールを送り込むと、ハメスがダイレクトで合わせ、好セーブを続けていたペテル・グラーチを破る。

さらに38分、ハビ・マルティネスのパスに抜け出したロベルト・レヴァンドフスキが巧みなトラップからのフィニッシュワークを見せて追加点。その後、スコアは動くことはなかったが、シュート数は23対3、ポゼッションは72.2%対27.8%とスタッツで圧倒して勝利を収めている。

コメントを残す