大谷翔平「2番・投手」粘着物質検査も笑顔で受ける…2回まで4Kはすべてスライダー (スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆米大リーグ エンゼルス・ジャイアンツ(23日・アナハイム=エンゼル・スタジアム)

【写真】自らベルトを外すシーンも…

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地でジャイアンツとのインターリーグ(交流戦)に「2番・投手」で先発出場。相手の右腕ガウスマンは今季8勝1敗、防御率1・51と絶好調なだけに、緊迫した投手戦となりそうだ。

 21日から米大リーグ機構(MLB)が、投手の粘着物質に関する審判による定期的検査の実施が始まったが、大谷は2回終了時に三塁側ベンチに戻る途中で審判にグラブ、キャップを差し出して、笑顔でチェックを受けた。

 2回まで2安打4奪三振で無失点。3勝目を挙げた17日タイガース戦同様にスライダーを決め球にしているようだ。

コメントは受け付けていません。