侍・稲葉監督 東京五輪は重圧分散采配 「1試合を皆で勝ちにいく」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

侍ジャパンの稲葉篤紀監督(48)が23日、東京五輪での“重圧分散采配”を予告した。08年北京五輪や“つなぎの4番”を担った09年WBCの経験を基に「4番、エース、抑えが誰とかでなく、1試合を皆で勝ちにいくということをやっていきたい」と、特定の選手に過度のプレッシャーをかけないタクトを思案した。

 この日は広島・ヤクルト戦(マツダ)を視察。初選出の森下、栗林を含め内定選手とコミュニケーションを図った。稲葉ジャパンは一人に重圧を集中させない目的で主将は置かず、複数リーダー制を敷く。同じ狙いで、4番有力の鈴木誠ら一部が責任を背負いすぎないよう配慮。「4番を打てる選手は何人かいる。つなぎの4番か、長打や大事なところで結果を出す4番か。調子を見ながら決めていきたい」と柔軟に対応する。

 決勝トーナメントは勝敗次第で日程が変わるため、森下には先発日が流動的になることを伝達。山田には一塁の準備を指示した。あらゆる可能性を想定しながら、選手のメンタルにも心を配り、準備を進める。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。