【マーメイドS】前哨戦分析からはミスニューヨークを高評価 格上挑戦組にも要注意!(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

3年連続格上挑戦馬が優勝しているマーメイドS。ハンデ戦、内回り2000m、梅雨時季などが重なり、能力だけではなく適性や調子が非常に重要な一戦である。今年も多くの格下馬が登録してきたが、それらは抽選を突破する必要があるため、まずは実績上位組の参考レースを振り返っていきたい。

【マーメイドステークス 2021予想】穴馬狙いで振り回せ 万馬券の使者はこの馬だ!(SPAIA編)

【ターコイズS】
Aコース3週目。馬場は荒れ気味だったが、内外の差は感じられず。レースは先手を取ったトロワゼトワルに暴走気味のクリスティが絡んでいき、前後半3F34.5-36.3の前傾1.8秒。ただ、何とか我慢を利かせた3番手のスマイルカナ基準では前後半3F35.1-35.7であり、前半下り、ゴール前急坂の中山芝1600mとしては平均ペースの部類であった。

2着馬アンドラステは掛かり気味の追走からスマイルカナとハナ差の決着。直線入り口で狭くならなければ本馬が差し切っていただろうから、両馬の差は展開次第といったところ。オルフェーヴル×Dynaformerのパワーとタフさに長けたタイプ。内回りコースのタフな馬場がピッタリだ。

コメントは受け付けていません。