【宝塚記念】クロノジェネシス、7年ぶりファン投票1位馬の勝利なるか? 春のグランプリは牝馬決戦!(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

2021年、上半期の競馬も最終局面のグランプリ・宝塚記念を迎える。当初は昨年の三冠牡馬・牝馬のコントレイルやデアリングタクトも出走を表明していたが、それぞれ疲労と故障により回避。グランプリ3連覇のかかるクロノジェネシス、ここまで無敗の6連勝を続けるレイパパレの2頭が中心のレースとなる情勢だ。

【マーメイドステークス 2021予想】穴馬狙いで振り回せ 万馬券の使者はこの馬だ!(SPAIA編)

有馬記念とならぶ「春のグランプリ」として行われる宝塚記念、やはり外せないのがファン投票の話題だ。といっても、宝塚記念に関しては創設以来3度しかフルゲートになった例がなく、優先出走権という部分は形骸化しているのが実態だが、ともかく上位の面々を見ながら有力馬を紹介していこう。

13万7448票を獲得してファン投票1位に選ばれたのが、昨年の宝塚記念勝ち馬であり、有馬記念と合わせてグランプリ3連覇がかかるクロノジェネシス。これまでにG1・3勝を挙げている5歳牝馬だ。

今回は3月に行われたドバイシーマクラシック以来の出走。実は、前走がドバイ遠征だった馬から宝塚記念の勝ち馬はこれまで出ていない。単に同年ドバイ遠征した馬の勝利、ということだと07年にドバイデューティーフリーを勝ったアドマイヤムーンが、間に香港G1を挟むという、より過酷なローテーションで宝塚記念を勝っている。もし勝てばそれ以来、14年ぶりの快挙となる。

また、宝塚記念は梅雨時、2200mという微妙な距離設定も作用して、波乱の多いレースとして知られている。ファン投票1位の馬が順当にレースも1着で駆け抜けるのはたやすいことではない。昨年、一昨年は1位のアーモンドアイが回避しているが、20年2位ラッキーライラック、19年2位レイデオロがやはり敗れている。

14年にゴールドシップが勝ったのを最後に、ファン投票最上位馬は15着、3着、9着、6着、5着、6着と大苦戦している。クロノジェネシスはダブルのジンクスを跳ね返せるだろうか。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントは受け付けていません。