新潟アルビレックスBB、川崎ブレイブサンダースを振りきりリベンジ成功(バスケットボールキング)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

B1リーグ第6節が10月28日に各地で開催。前日の第1戦で川崎ブレイブサンダースに敗れた新潟アルビレックスBBが、トッケイセキュリティ平塚総合体育館で第2戦に臨んだ。

 第1クォーターで13-23と遅れを取り、第2クォーターも点差を縮められず29-40。しかし、第3クォーターに入ると、ダバンテ・ガードナー、池田雄一、遥天翼の連続得点で13-0のランに成功し、残り6分53秒には42-40と逆転。リズムをつかんだ新潟はこの10分間を28-8と圧倒し、57-48と突き放す。

 最終クォーターに入っても主導権を保持。8点リードの試合終了残り11秒から、辻直人に2本の3ポイントを与え2点差まで迫られたが、最後のオフェンスの時間を与えず、72-70で勝利。試合をとおして、ガードナーは21得点14リバウンド5アシストの活躍を見せた。

 前日の雪辱を果たし、今節を1勝1敗で終えた新潟は、通算戦績を5勝6敗とした。

【試合結果】
川崎ブレイブサンダース 70-72 新潟アルビレックスBB(@トッケイセキュリティ平塚総合体育館)
川崎|23|17|8|22|=70

コメントを残す