大阪エヴェッサが今季3勝目、西宮ストークスとの“関西ダービー”を制す(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

10月28日にB1リーグ第6節が各地で行われ、府民共済SUPERアリーナでは、大阪エヴェッサが西宮ストークスとの第1戦に臨んだ。

 前半に41-36と5点のリードを確保した大阪は、後半に入ると、根来新之助、ジーノ・ポマーレがスコアを重ねて点差を拡大。木下博之と藤高宗一郎の3ポイントも決まり、第3クォーター終了時には64-52。第4クォーターも主導権を譲らず、最終スコア87-70で“関西ダービー”を制した。

 試合をとおして、木下がチームハイの18得点を記録し、ポマーレは16得点10リバウンドで“ダブルダブル”をマーク。チームは3試合ぶりの白星を挙げ、通算戦績を3勝7敗とした。

【試合結果】
大阪エヴェッサ 87-70 西宮ストークス(@府民共済SUPERアリーナ)
大阪|23|18|23|23|=87

コメントを残す