大橋未歩アナ、激白「おばさんと言われる方がババアと言われるより効く」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

元テレビ東京でフリーの大橋未歩アナウンサーが14日、アシスタントとしてTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・午後5時)に出演。どの年齢から「おじさん、おばさん」と呼ばれ始めるかについて私見を述べた。

 この日の番組で「44歳になったタイミングでおじさん、おばさんと呼ばれ始めるケースが多く、44歳が境界線では」という記事が紹介されると、「おばさんと言われる方がババアと言われるより効く気がします」とポツリ。「ババアと言われると、ギャグかなと思うけど、おばさんと言われると、マジなヤツ(と思う)。電車に乗る時に空いている席を見つけたら、走っていっちゃう人。あれがおばさん」と分析すると、共演のマツコ・デラックスに「もう古いのよ、私たち。それって、『オバタリアン』の世界じゃない」と、88年にヒットした堀田かつひこ氏のギャグ漫画の題名を出して、ツッコまれていた。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。