【エプソムC】プレシャスブルー 相沢調教師「前が止まれば」と期待(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆エプソムC・G3(6月13日、東京・芝1800メートル)

 重賞初制覇を狙うプレシャスブルー(牡7歳、美浦・相沢郁厩舎、父ディープインパクト)はレース2日前の11日、美浦トレセンの角馬場で体をほぐした後、Wコースを軽く1周して調子を整えた。

 相沢郁調教師は「変わりなく順調」とし、「追い切りでは柴田善騎手が乗って、いい感触を持ってくれていたよ」と調子の良さを感じていた。

 前走の福島民報杯(4月18日、新潟)は勝ち馬にこそ大差をつけられたが、不良馬場に他馬が脚を取られて苦労する中、直線でじりじり伸びて2着に食い込んだ。「あの馬場で、あの競馬ができるとは思わなかった。体が戻ってきたのが良かった」とトレーナーは振り返り、今回も「前が止まる展開になれば」と好勝負を期待した。

【広告】


コメントは受け付けていません。