長友佑都が「ホットなヘマ」…誤ってSNSに下ネタ投稿し、現地ファンから脚光浴びる(GOAL)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

インテルDF長友佑都が、26日に自身のインスタグラムを更新。しかし、誤って下ネタを投稿し、炎上する騒ぎとなった。イタリアメディア『スポルティタリア』でサッカー解説を務めるジャーナリストのアルフレド・ペドゥラ氏が自身の公式ウェブサイトで報じている。

今夏、インテルにおいて放出候補に挙げられていた長友だが、徐々に指揮官ルチアーノ・スパレッティの信頼をつかみ取った。ライバルと目された新加入の24歳、DFダルベルト・エンリケは適応に苦しむなか、日本代表DFは、1日のベネヴェント戦から4試合連続で先発出場を果たしている。24日のサンプドリア戦(3-2でインテルが勝利)でも完璧なプレーを披露した長友は、ピッチを去る際にサポーターからスタンディングオベーションで見送られた。

好調を維持する長友は26日、地元のファンに向けてイタリア語でSNSを更新し、妻で女優の平愛梨さんとともに日本食レストランでランチをとり、ステーキを食べたことを報告した。テーブルの上のステーキを指差し、笑顔で映る長友の写真も添えられている。

ペドゥラ氏は長友について「ルチアーノ・スパレッティが再生した選手。サン・シーロの拍手がそれを裏付けている」と紹介。しかし「日本人サイドバックはホットなヘマをやらかし、SNSにおいてサッカー以外の話題で脚光を浴びた」と、長友が誤って下ネタを投稿してしまったことを指摘した。

コメントを残す